『コラム記事はココから!毎日更新しています。』

サラリーマンは通勤時間の使い方で年収が決まる!

電車待ちの男


こんにちは。KATU/かつ(@Katu_bloger519)です!


今回はサラリーマンは通勤時間の使い方で年収が決まるというテーマです。



通勤時間の使い方が年収に関係するわけないでしょ。」と思うかもしれません。



しかし、通勤時間を上手に使っている人ほど年収が高くなる傾向があります。



実際に私も通勤時間についてよく考えるようにしてから、確実に年収はあがりました。



この記事を最後まで読む事で、通勤時間を有効に使って年収をあげる一歩を踏み出すことができます。

KATU
KATU

通勤時間は短い方が良いですが、どうしても長い時間をかけて通勤しなければならない人もいます。こういった人は、特に最後まで読んでいただけると嬉しいです。

通勤時間=移動時間ではありません。


通勤時間=移動時間という思考は今すぐやめましょう。


移動時間には価値はありません。


会社に行くまでの道のりが大好きなんだ!」なんて人いませんよね。


車通勤でも電車通勤でも移動中は、渋滞や人混みにストレスを抱えているのではないでしょうか。


おそらく多くの人はこの移動中に「あ〜行きたくないないなぁ。」とか「まだ眠いし帰りたいなぁ」なんて事を考えているのではないでしょうか?



今すぐ通勤時間=移動時間だと考えるのはやめて、『自分の時間』だという事をまずは理解しましょう。


自分が自由に使える時間だという事です。

通勤時間は会社の事を考えるな。

通勤時間に会社の事を考えるのはやめましょう。


あなたの人生は、会社がすべてでしょうか?


もちろん、「自分は会社にすべてを捧げ、会社のことだけ考えて生きる!」という少し変わった人は好きにしたら良いと思います。


しかし、現実を考えると会社に依存してる状態や会社に振り回される状態はかなり危険です。


今回の新型コロナウイルスの影響で、多くの人は実感したと思います。


会社はあなたを守ってはくれませんよ。


それなのに、通勤時間まで会社のことで頭を支配されるのはもったいないと思うわけですよ。


勘違いする人がいるかもしれませんが、別に会社の仕事をテキトーにしろとかではありませんよ。


会社が好きとか嫌いとかは関係なく、もっと自分の人生をしっかり生きる必要があるという事を言っています。

副業や読書の時間にしましょう。


通勤時間を自分の時間に使うといっても何をすれば良いのか分からない人。


今すぐ、読書・副業の時間に使いましょう。


この記事のテーマは、通勤時間の使い方で年収があがるという話です。


『年収が上がる=今いる会社での給料が上がる』ではありません。


読書をしてインプットし、何か副業をはじめて会社以外での所得を手に入れましょう。


車通勤だから何もできない!」これは言い訳ですね。


今は、耳で聞いて本をインプットするアマゾンオーディブルなどもあります。


本を朗読してくれるサービスです。


アマゾンオーディブルは読書が苦手な人は全員試して欲しいです。


無料で1冊だけお試しで聴けるので一度、お試しください。


気付いたら本を一冊読破しているのです。(耳で聞いて)


通勤中にアウトプットする事はちょっとハードルが高いので、まずはインプットする事からはじめましょう。


ちなみに私が考える隙間時間で副業としておすすめなのが、ブログですね。

まとめ


サラリーマンが年収をあげるには通勤時間を自分の時間に使いましょう。


通勤時間まで会社の事を考える必要はありません。


むしろ会社以外の事で時間を使うべきです。副業で年収を底上げするために読書をしてインプットしたり、ブログを書いてアウトプットしたりできます。


まずはインプットをして知識を身に付けましょう。


おすすめの方法は、アマゾンオーディブルです。


耳で本を聞く読書が苦手な人でも本が読める(聴ける)サービスです。


期間限定で無料トライアルがあるので、一度聴いてみてください。


今まで、読書が苦手だと嘆いていた自分がバカらしくなるくらいスラスラ頭に情報が入ってきますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です