転職

【体験談】転職は会社を辞めてから始めるべき理由はこれだ!

悩む人


こんにちは。KATUです!

今回は転職活動は、会社を辞めてから始めれば良いというテーマでお話し致します。

転職を考えている人で、会社に勤めながら転職活動を進めている人はいませんか?

転職活動は会社を完全に辞めてしまってから始めることをおすすめします!

なぜなら会社に勤めながらだと転職活動が疎かになる上に、考える”余裕“が無くなってしまうからです。

転職の際に重要なことは、本当に自分が働きたい会社を見つけることです。

そのためには一人でゆっくり考える時間が必要です。

会社に勤めながらだと考える時間がなかなか取れず、何となく受かった会社に流れで就職してしまう可能性があります。

もちろん、会社を辞めて空白の時間が生まれるのは怖いと感じるかもしれませんが、考える時間の方が大切だと思うのですよ!

だから会社を完全に辞めてから、転職活動はすべきなのです。

KATU

私も新卒で入社した会社を3ヵ月で辞めたときは、転職先は決まっていませんでした!

転職活動を始めるのは会社を辞めた後から!

元気なサラリーマン


転職活動は会社を辞めたタイミングで開始するべきです。

会社に勤めていながら転職活動をするのは正直大変です。

働いている会社がよっぽど暇で時間が有り余っているという人であれば話は変わってきますが、多くの人はそうではないでしょう。

転職サイトを見るくらいであれば、会社を辞める前からむしろやっておいた方が良いと思います。

ですが転職活動を実際に始めるのは会社を辞めてからにしましょう。

一人で考え求人情報を見る時間を作る。

悩む男性


転職は会社を辞めてからの方が良いと思う理由は、一人で考える時間をちゃんと作るべきだと思うからです。

考える時間はとても大切です。

会社にいると、自分のことをじっくり考える時間がなかなか取れません。

また、時間がない中で求人情報をサラッと見ている程度だと、自分に合った求人をしっかり見極められません。

本当にこの会社で働きたいか?」とじっくり考える時間は必要です。

空白の時間にすべき事は自己分析です。


会社を辞めてから転職活動を始めるにあたって、空白の時間ができてしまいます。

この時間が不安だと感じるかもしれませんが、おすすめの時間の使い方があります。

自己分析”です。

自己分析なら就活のときにやったよ!」という人が多いと思います。

しかし、本当に自分の”強み”と”弱み”を徹底的に調べる自己分析はしていないと思います。

空白の時間は余計な情報が入ってきません。

だから自分をしっかり考えることができるのです。

ちなみに”ストレングスファインダー“という自己分析の手法を使うと、かなり的確な分析ができます。

【まとめ】考えてから転職活動をする。


最後にこの記事で書いたことをまとめます。

転職は活動は会社を辞めてからするべきです。

理由は空白の期間を設けて自分の事をただ考える時間を作るべきだからです。

現代は入ってくる情報が多すぎて、意図的に考える時間を作らないと充分な自分なりの答えが出せません。

だから会社を辞めてから転職するべきなのです。

考える時間はとても重要です!

関連記事