転職

転職で勇気が出ない人!新卒3ヶ月目で退職をした時の話をします。

オフィス街


こんにちは。KATUです。

今回は転職で勇気が出ない人に向けて記事を書きます。

私は今、サラリーマンをしながらブログやSNSで情報発信をして、それを副業としています。

一年半ほど前は別の会社で新卒1年目の新入社員として働いていました。

上場もしており、一応大手だったのかとは思います。

しかし、私はそんな世間一般的にいう王手企業をたった3ヵ月で退職しました!

正直、会社をたった3ヵ月で辞めるという決断には勇気がいりました。

こんなに早く会社を辞めて、周りはどう思うのだろうか

これはただ逃げているだけなんじゃないか

こんな事ばかり考えていました。

しかし、今思えばあの時、新卒で入社した会社を3ヵ月で退職して正解だったと思っています。

この記事では、その時に私が考えた事や参考にした考え方を紹介します。

  • 転職したいけど不安
  • 会社を辞める勇気が出ない

こんなことを考えている方はぜひ参考までに、最後まで読み進めてください。

転職が悪いという固定観念を捨てる

スーツの男性


転職が悪いという固定概念は捨てましょう。

なぜなら、”転職=悪い“と思い込んでいると、市場価値の高い人材になれないからです。

転職をしないで一つの会社で長く働くことが悪いと言っているわけではありませんが、転職をしないとその会社でしか通用しない人材になってしまう可能性があります。

転職して業界や職種を変えていくことによって、自分の出来る仕事が増えていきます。

思考の幅も広がっていくでしょう。

だから転職は全く悪いことではありません。

業界や職種を変えて転職することに関して、詳しく書いてある「転職と副業のかけ算」という本についても記事にしているので合わせて読んでみてください!

転職と副業のかけ算
【書評】転職と副業のかけ算『気付きと感想』まとめました。 こんにちは。KATUです!今回は、motoさんの「転職と副業のかけ算」という本の書評記事です。motoさんは、サラリーマンでありながら...

転職が当たり前の時代だと理解する

満員電車


現代は転職することが当たり前の時代です。

厚生労働省のデータによると、現代の日本人は46.9%が転職を一度はすることが分かっています。

約2人に1人の正社員が転職しているということです。

参照元:厚生労働省 平成28年雇用動向調査 http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/koyou/doukou/17-2/dl/kekka_gaiyo-04.pdf

今の日本では一つの会社で定年まで働くという価値観は薄れてきています。

  • 終身雇用の崩壊
  • 副業解禁

このような言葉が浸透しつつある、現代の日本では転職が当たり前なのです。

実際に私が新卒で入社した会社を退職するときも”終身雇用の崩壊“と”副業解禁“というパワーワードがずっと頭にありました。

終身雇用の崩壊

終身雇用はありえません。

2019年5月、トヨタ自動車の豊田社長が「終身雇用の維持は難しい」と発言し世間驚かせました。

終身雇用制の代名詞とも言える大企業トヨタ社ですら、こういった発言をしています。

大手の会社に入ったら安泰“という時代は終わります。

副業解禁

副業が当たり前の時代になってきています。

2018年の1月から「モデル就業規則」を改訂し、働き方改革の一環として「許可なく他の会社等の業務に従事しないこと」の規定を削除しました。

要するに”副業解禁“ということです。

少し前までは、会社に努めながら副業するなんて良くないという風潮がありました。

しかし、今の時代は副業をするべきなのです。

会社は個人を守ってくれはしません。

副業解禁に対して、どうやって考えるかは人それぞれですが、私は「会社は個人を守れない時代に入り、給料もあがらない。もしもの時にために今のうちに副業しといてね。」と言われているつもりで副業をします。

副業解禁という言葉からも、一つの会社に依存するということがいかに時代に分かります。

【体験談】会社をやめる時は勢いも大事

フリーランス


会社をやめるときは勢い大事です。

勢いに任せるなんて怖い。」という意見もあります。

しかし、人間の脳の仕組み的に勢いを時には利用しないと、今ある現状を打破できないのです。

これは”ホメオスタシス“が働いているからです。

ホメオスタシスが働くとは、今のライフスタイルを出来るだけ現状維持しようという心理が働くことです。

これは科学的に認められている心理状態です。

つまり、どんなに今の会社に違和感を感じていても、なぜか一歩踏み出せずに現状を維持してしまうのです。

私はたった3ヵ月で新卒で入社した会社を退職するとき、「違和感はあるけど、とりあえず続けてみるか」と思ったときもあります。

しかし、「あ、ホメオスタシスが働いているな」と客観的に考え、勢いで退職しました。

全く後悔はしておりません。

人間は何もしないと現状維持をしてしまうので、勢いが大切なのです。

【まとめ】転職で勇気が出ない人へ


転職で勇気が出ない人に向けて、私が退職したときの考えを解説してきました。

私の考えではありますが、実際に今の時代背景と人間の心理を踏まえたお話しなので少しは参考になるかと思います。

最後に復習です。

会社をやめる勇気が出ない人は以下のことを考えてみましょう。

  • 世の中の会社員の半分は転職をしている。
  • 転職する方が自分の出来る事の幅は広がる。
  • 終身雇用は崩壊した。
  • 副業解禁の時代に突入している。
  • 人間にはホメオスタシスが働くため、会社をやめる勇気が出ないのは当たり前で勢いでやめることも大切。

今の時代に転職しないのは、逆にリスクです。

会社に違和感を感じたら見逃さずに、勢いで転職しましょう。

関連記事