MUPカレッジ

【MUP】竹花貴騎から学ぶ時間の生み出し方とは?MUPカレッジで学んだこと。

こんにちは。KATUです。


この記事では、私が入会しているオンラインスクールのMUPカレッジでインプットした内容をアウトプットしていきます。


今回は、時間の生み出し方をまとめます。


時間が足りない…


少しでもこんなことを思う人は、ぜひ最後まで読んでください。

KATU

時間は生み出せます!

普通の人より早起きをする


時間を生み出す一番簡単な方法は、早起きです。


そんな単純なこと?」思うかもしれませんが、早起きは時間を生み出すのに必須といっても過言ではありません。


確かに人間は朝のほうが生産性が高いと多くの研究データから明らかになっています。


竹花さんも朝は6:00ごろから活動をしているそうです。


ポイントは、朝に軽い運動をすること。


寝起きは誰でも頭がボーっとするものです。


朝、軽い運動をしてニュースをチェックしたり読書をしたりしてから、仕事に取りかかると生産性が高い状態で仕事がこなせます。


早起きすることで時間が増えるだけではなく、生産性も高まるわけです。

生産時間を増やす


生産時間を増やすことで時間を生み出すことができます。


非生産時間を極力なくして、常に生産時間を意識しましょう。


例えば、ただ電車に乗って移動しているだけでは、何も生産しないので“非生産時間“です。


しかし、指定席のチケットを購入してパソコンを開いて資料の整理やメールの返信をしたらどうでしょうか。


ただの”移動“が”生産時間“になります。


このように生産時間を増やすことで、使える時間も増えていきます。

スケジュール管理を徹底する


スケジュール管理を徹底することで時間を生み出すことができます。


理由は、「これからなにしようか」と考える時間をなくせるからです。


人間は考え始めると、どうしても楽な方向に流されそうになることが多い。


なので、あらかじめすべてスケジューリングしておくことで効率よく仕事が進められます。


その結果、無駄な時間が減り、自由に使える時間が増えるわけです。

まとめ


時間はすべての人間に対して平等ですが、うまく使えば時間をもっと生み出すことができます。

  • 早起きする
  • 生産時間を増やす
  • スケジュール管理を徹底する

時間が足りないと感じる人は、上記を一度実践してみてください!