『コラム記事はココから!毎日更新しています。』

【リモートワーク】コロナの影響で在宅勤務が浸透するのか?

リモートワーク

こんにちは。


KATU/かつ(@Katu_bloger519)です!


さきほど、こんなツイートをしました。

今、日本はコロナウイルスの影響で大変な事になっています。



学校は休学、ディズニーランドは休園、イベントやライブは中止…



25歳の私は、こんな事態を今まで経験した事はないので、ものすごく恐怖を感じます。




そして、会社での働き方にも変化が起こっています。



リモートワーク(在宅勤務)の導入です。



会社の仕事を自分の家でやるなんて無理だ!」と言う声もありますが、本当でしょうか?



この記事では、コロナウイルスがキッカケで今後、日本にリモートワークが浸透するのではないか、というテーマを考えていきます。


https://katulog.net/wp-content/uploads/2020/01/47D5A543-3AA0-42F6-9212-664F3F385153-1.png
KATU

実際に海外ではリモートワークが日本より浸透している国もたくさんありますし、スマホやパソコンで完結する仕事も増えてきています。『会社=出社するもの』という常識を一度、考え直すキッカケになると思います。

コロナ感染のリスクを背負って事務所へ行く意味はない

満員電車の通勤


コロナウイルスに感染するリスクを背負って、満員電車に乗って会社に行く必要はない。



コロナウイルスの感染のリスクが高い場所は当然人混みです。



サラリーマンは電車通勤する人が多いですが、だいたい混雑しています。



いわゆる、通勤ラッシュというものに巻き込まれます。



人混みの状態が危険だという理由で、学校が休学になったり、イベントライブが中止になっています。



しかし、満員電車での通勤は無くなりません。



あなたはどう思いますか?



私はコロナウイルスの影響が落ち着くまで、出社しなくても良いと考えています。



理由は、現在のサラリーマンの仕事はパソコン、スマホ、電話で完結するものが多いからです。



営業マンであっても、自宅でテレアポをして商談に行く事は出来ます。



見積書やメールも自宅で出来てしまいます。



資料が必要な時だけ、事務所に寄るくらいでもOKだと思うわけですよ。


こういった、一見リモートワークが難しい職種でも工夫すれば、リモートワークに近い状態にできるわけです。



もちろん、職種によってどうしても難しい場合がある事くらい私も理解していますが、本当に出社が必要かしっかり自分で考えましょうって話です。

https://katulog.net/wp-content/uploads/2020/01/47D5A543-3AA0-42F6-9212-664F3F385153-1.png
KATU

会社がコロナウイルスに無頓着で社内で何も対策や業務改善がなければ、思いきって”あなた”が提案してみましょう。そこで代案も考えてくれず「会社は出社するもんだ!」と怒られるような会社は今すぐ辞めましょう。

実際に在宅ワークにシフトしても売上は落ちない会社

大企業の会議室


在宅ワークにシフトしても売り上げが落ちない企業も実際にあります。



IT企業「GMOインターネット」は1月27日からテレワーク、リモートワークにシフトしています。



代表取締役会長兼社長であり、グループ代表の熊谷正寿さんがこんなツイートをしています。

このように実際に在宅勤務にしたところで、売り上げに影響のない会社も存在します。



むしろ、無理に出社して多くの感染者を出してしまう方が損失ですからね。

在宅ワークでおすすめなサービス3選

パソコンで仕事をする男性


リモートワークが日本に広がっていく中で、おすすめの在宅ワークのサービスがあります。



クラウドソーシングサービスです。



まだ、浸透はあまりしていないサービスですが、今のうちに絶対にはじめておいて損はないサービスです。



簡単に説明しますと…


「クラウドソーシング」とはWEB上で企業が不特定多数の人たちに(アウトソーシング)する比較的新しい業務形態です。


クラウドは「cloud」ではなく「crowd」という英語です。


群衆という意味です。


この「crowd」と業務委託を意味する

「sourcing」を合わせた造語がクラウドソーシング(crowd sourcing)


例えば、自宅にいながら企業がクラウドソーシングサイトに登録している案件を受注する事ができるわけです。


飲食店がブログを始めようとしても、多くの飲食店には専属のライターなんていませんよね。しかし、クラウドソーシングサイトで募集をかければ、すぐに集まります。こういったマッチングサービスのような業務形態です。



時代に乗り遅れたくない人は、下記の3つのクラウドソーシングサイトに登録しておけば、ひとまず安心です。


将来、場所にとらわれずリモートワークをしたい人は、今のうちに登録しておきましょう。


また、副業にもおすすめです。



登録は全て無料ですので、損する事は絶対にありませんよ。

クラウドワークス


クラウドワークスの特徴は下記の3つです。

  • 188種類の豊富な仕事数
  • 会員数140万人超えの日本最大級規模
  • 資格やスキルが活かしやすい

\クラウドワークスを始める/

登録料金0円で、スマホ・PCでお金が稼げます!!

ランサーズ


ランサーズの特徴は下記の3つです。

  • 管理画面が操作しやすい(個人的な意見)
  • 質の良いクライアントが多い
  • 案件数が多い
\ランサーズを始める/

登録料金0円で、スマホ・PCでお金が稼げます!!

ココナラ


ココナラの特徴は下記の3つです。

  • 相談や似顔絵などの案件も多い
  • 圧倒的な若年層向けのサービス
  • 色んな仕事があって、見ているだけで楽しい

\ココナラを始める/

登録料金0円で、スマホ・PCでお金が稼げます!!

【まとめ】コロナの影響でリモートワークは増えるのか

人混み


新型コロナウイルスの影響でリモートワークが導入される事は、日本にとってマイナスな事だと考えられます。



しかし、いつまでもそんな事を言っていても何も変わりません。



視点を変えて、リモートワークという働き方について真剣に考えてみませんか!?



私は今回のコロナウイルスがキッカケで、リモートワークが爆増すると思います。



なぜなら、時代は常に変化していくからです。



現実的にありえないと思っている事が、現代は平気で起こります。



数年後には、会社に出社する人より、在宅勤務の人口の方が増える事だって充分考えられます。



なので、新しい時代を見据えて、クラウドソーシングサイトを一度自分の目で見て確かめてください。


こんなにも、自宅で出来る仕事があったのか!



と驚くはずです。


クラウドソーシングサイトは、たくさんありますが


下記の3つが無料ではじめられて、使いやすいのでおすすめです。


時代の変化に取り残されてくないって人は、登録しましょう!


0円で登録出来るので絶対に損はしません。私が保証します!

https://katulog.net/wp-content/uploads/2020/01/47D5A543-3AA0-42F6-9212-664F3F385153-1.png
KATU

最後まで読んで頂きありがとうございました。また読みにきてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です