『コラム記事はココから!毎日更新しています。』

テレアポがキツくて辞めたい人におすすめなマインド【転職OK】

黒電話

こんにちは。


KATU/かつ(@Katu_bloger519)です!


今回はテレアポがキツくて辞めたい人に読んで欲しい内容となっています。



今現在、仕事でテレアポをしている人や新卒で就職して、テレアポという業務をする人は読んでください。


テレアポは難しくて、メンタルがやられるイメージを持ってしまう人も多いですが、これから紹介するマインドを手に入れれば、全く辛くなくなります。


3分もあれば読めてしまうので、ぜひ最後までお付き合いください!


https://katulog.net/wp-content/uploads/2020/01/47D5A543-3AA0-42F6-9212-664F3F385153-1.png
KATU

私もこのマインドを身につけてから、テレアポで断られても全くキツくも、辛くもなくなりました。ゲーム感覚になります。

テレアポは断られてもOK。落ち込む奴はバカ。

電話をする男性


テレアポは基本的に断られるものです。



理由は自分に置き換えて考えれば分かると思います。




いきなり電話がかかってきて、あれこれ勧められても「いや、必要ならこっちから連絡するし」となるはずです。




だから、断られて当然です。



いちいち落ち込んでいる人はバカです。



テレアポ=断られて当然だ』というマインドを持つ事が、重要です。

「もし自分にかかってきたら?」と常に考えてテレアポする

スマホとパソコン


テレアポをする時は、どれだけ相手の立場を想像出来るかが重要です。



もし、自分だったら?」と常に考えて、テレアポをしましょう。



相手の立場に立てないと、一気に売り込み感が満載のテレアポになってしまいます。



極端な話、自分ならどういう電話なら話を聞く気になるかを考えて、それを自分で実践すればOKです。



テレアポのコツは相手の立場になって考える事が重要なわけですよ。



相手の立場に立って考えてテレアポをすれば、例え断られたとしても、そこまでひどい断られ方はしませんよ。

本当に辛くて辞めたいなら、今すぐ辞めよう『転職OK』

靴とネクタイ


テレアポがキツくて辞めたい人は、さっさと辞めましょう。



こんな事を言ってしまえば、元も子もない話になってしまいますが…



しかし、人には向き不向きが絶対にあります。



もちろん、数日間やっただけで「自分には向いていない」と判断するのは、少し早いと思います。


しかし、3ヵ月くらい続けてみて


  • キツくて本気で辛い
  • とにかくテレアポが嫌すぎる
  • 毎日、メンタルがやられる


こんな事を思っている人は、辞めれば良いと思うわけですよ。



なぜなら、今は山ほど仕事があって、わざわざ辛い仕事をする必要がないからです。



今は終身雇用もありえませんし、転職が当たり前です。



決して、挫折してテレアポを辞めたとしても、あなたが悪いわけではありません。



たまたま、自分には向いていなかったというマインドを持って、今すぐ転職サイトをチェックしましょう。



自分に向いている仕事が必ずありますよ。

【まとめ】テレアポがキツくて辞めたい人へ

空に風船


最後にテレアポがキツくて辞めたい人へメッセージです。



テレアポは基本的に断られるものです。



アポイントがなかなか取れなくても、落ち込む必要はありません。



テレアポは相手の立場にたって考えられるかどうかが重要です。



もし自分だったら、どういう電話なら話を聞くか



という考えを常に持つ事がテレアポ上達のコツです。



しかし、世の中には山ほど仕事があるので、本気で嫌なら転職を考えましょう。




自分に合った仕事が必ずあります。



今の日本は転職と副業の時代だと個人的には思います。今すぐ行動しましょう。


https://katulog.net/wp-content/uploads/2020/01/47D5A543-3AA0-42F6-9212-664F3F385153-1.png
KATU

最後まで読んでいただき本当にありがとうございました(^^)

当サイトでは、このようにサラリーマンが見て損をしない発信やビジネスに置いて役立つ情報を無料で発信しています。

完全無料で発信してますので、見逃したくない人はブックマーク登録しておいてください!

また、お待ちしております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です