『コラム記事はココから!毎日更新しています。』

【比較】白Tシャツを透けない度合いで3種類の中から選んだ結果は!?


こんにちは。KATU/かつ(@Katu_bloger519)です!


今回は『透けにくい白Tシャツ』を紹介する記事です。


白Tシャツだけで外出するとき、肌が透けてしまうことが気になる人も多いはずです。


実際に私も白Tシャツだけで外出したいのですが、透けるのがどうしても気になってしまい、暑くても上着を着ていくことになる事がありました。



しかし、もうそんな心配は不要。



透けにくく、着心地の良い最高の白Tシャツを見つけました。



この記事を最後まで読むことで自分にピッタリな白Tシャツを選べるようになります。


3種類の中から選んだので、一つずつ紹介していきます。

ユニクロ:スーピマコットンフライス

ユニクロの「スーピマコットンフライスTシャツ」です。


3種類の中ではじめに購入した白Tシャツです。


着用画像です。

スーピマコットンフライスTシャツ


若干透けてしまいます。


価格は一番リーズナブルですが、一枚で外を出歩くには少し不安です。


しかし、着心地は最高でした。


個人的には部屋着・シャツのインナーなどにはピッタリだと思います。

透け具合着心地ビジュアル

ヘインズ:BEEFY-Tシャツ(ビーフィー)

2枚目は「ヘインズのビーフィー白Tシャツ」です。


パッケージには、象徴的な牛マークを全面にデザインしてあり開封しなくても力強さが伝わってきます。


着用画像です。

BEEFY-Tシャツ(ビーフィー)

着用した瞬間、「あ、これは透けないな」と思いました。


丈夫で肉厚な印象です。


多少、首回りが窮屈でちょっとだけ重量感があります。


しかし、許容範囲内です。丈夫であることを考えると多少の重量感も仕方がないと思います。


個人的には、リピート確定かなと思います。

透け具合着心地ビジュアル

ヘインズ:ジャパンフィット

最後は「ヘインズのジャパンフィット白Tシャツ」です。


元々、良い評判を聞いており、名前のとおり日本人の体型にピッタリな設計になっています。


日本人は線が細い人が多いですから、ジャパンフィットでは、身体にフィットするため”服に着られている“という印象を避けることができます。


着用画像です。

【ヘインズ】ジャパンフィットTシャツ

ジャパンフィットという名前だけあって、かなり良い感じにフィットします。


フィットしているのに透けてないな」と思いました。


というのも、ヘインズのジャパンフィットでは最近『透けにくい5.3オンス』とうことを推しています。(昔は違いました。)


オンスとは、服の分厚さを表す指標で低いと薄く、高いと厚いです。


5オンスを超えると結構、分厚くしっかりしている印象ですね。


ちなみに、先ほど紹介した「ユニクロのスーピマコットンフライスTシャツ」は4.5~5オンスくらい(公式でないため自分調べ)。「ヘインズのビーフィーTシャツ」は6.1オンスです。


ジャパンフィットは、5.3オンスですので透けない白Tシャツという観点では充分すぎます。

透け具合着心地ビジュアル

『まとめ』透けにくい白Tシャツ


透けにくい白Tシャツを追い求め今まで色々なブランドのモノを試してきました。


最後に残った3種類を比較。


結論からいうと、ヘインズのビーフィーTシャツが最強かなと思います。


やはり、6.1オンスという分厚さから一枚で外出するときの安心感が圧倒的にあります。


とはいえ、3種類ともそれぞれ良さがあります。


ユニクロのスーピマコットンTシャツは、インナー・部屋着として利用します。


ヘインズのジャパンフィットとビーフィーは、天候や気分で使い分けて利用します。


ただ、”透けにくい“という観点だけを考えると、圧倒的にヘインズのビーフィーTシャツですので、「絶対に透けない白Tシャツが欲しい!」と考えている人は迷うことなくこちらですね