《0円でお試し可能!新感覚『聴く読書』はこちら》

コーヒーの豆はもともと赤いって本当?どこで育っているの?

  • URLをコピーしました!

※この記事には広告が含まれています

悩む人

赤いコーヒー豆を見たことがあるけど、あれって何?

コーヒー好きなら誰もが知るコーヒー豆ですが、『もともとは赤い豆』という情報を聞いたことがある人も多いでしょう。

しかし、私たちが目にするのは黒色のコーヒー豆ばかりです。

この記事では、コーヒー豆がもともと赤色だったという情報について、明らかにしていきます。

それでは、本文にうつります。

KATU

黒色や茶色になる前のコーヒー豆について解説します!

目次

コーヒーは元々、コーヒーチェリーという果実

コーヒー豆は、コーヒーチェリーと呼ばれる赤い果実の中に含まれています。

この果実は、コーヒーの木になると赤く熟します。

コーヒー豆として知られるのは、この果実の中の種で、一つのチェリーに通常2つの豆が入っています。

稀に、ひとつの豆しか入っていないピーベリーという特別な豆もあります。

コーヒーチェリーがなぜ黒くなる?

コーヒーチェリーが収穫された後、豆を取り出すためにはいくつかの処理過程を経ます。

この過程で、果肉を除去し、豆を乾燥させます。

乾燥過程で豆は徐々に色を変え、最終的には私たちがよく知る茶色や黒い色になります。

この色の変化は、乾燥と発酵プロセスによるもので、豆の風味にも大きく影響します。

コーヒーチェリーはどこで育っているの?

コーヒーの木は熱帯気候を好み、特にコーヒーベルトと呼ばれる赤道近くの地域で栽培されています。

このベルトには、ブラジル、コロンビア、エチオピア、ベトナムなど、世界の主要なコーヒー生産国が含まれています。

コーヒーの木は、標高が高く、安定した温度と適度な雨量がある場所で最もよく成長します。

【まとめ】コーヒー豆がもともと赤いのは本当だった!

コーヒーチェリーの鮮やかな赤い色は、コーヒー豆がこの世に誕生する過程の始まりを示しています。

豆が黒くなるまでの変化は、コーヒーの風味を決定づける重要なプロセスです。

また、豊かな熱帯気候の中で育つコーヒーの木は、私たちに素晴らしいコーヒー体験を提供してくれます。

次にコーヒーを楽しむときは、その一杯がどのような旅をしてきたのかを思い浮かべてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

KATUのアバター KATU ブロガー

外資系企業で法人営業職として働きながら、ブロガー・WEBライターとしても活動しています。当サイトでは、自分が良いと思ったサービスや商品の紹介をしていきます。ビジネス書・映画・ガジェット・仕事道具などを紹介し、「仕事とライフスタイルをちょっとだけアップデート」できる情報をお届けします。

目次