《0円でお試し可能!新感覚『聴く読書』はこちら》

3つの方法ですぐに行動する習慣を身につけよう!【すぐやる脳の作り方】

脳
  • URLをコピーしました!

※この記事には広告が含まれています

悩む人

なかなか行動できない…

本記事では、行動ができない悩みを解消するための3つの方法を紹介します。

茂木健一郎さんの著書『すぐやる脳』のつくり方をもとにして、すぐに行動する習慣を身につけましょう。

日々の生活の中で実践できる具体的なアクションプランを提案し、行動するための心理的障壁を乗り越える手法を掘り下げていきます。

それでは、本文にうつります。

KATU

考えるより、行動!

目次

深く考えないほうが行動できる

考えない人

深く考えない方が行動できます。

深く考えすぎてしまうことが、行動できない原因の一つです。

行動に移すためには、あまり深く考えずに行動する習慣を身につけましょう。

新しいことを始める際には、特別なことをするという意識を捨て、身近な小さな行動から始めることが重要。

例えば、運動習慣を身につけたい場合は、まずは毎日の散歩から始めるなど、達成可能な小さなステップを踏み出すことがポイントです。

仕事であれば、ごく簡単な事務作業からです。

いざはじめてしまうと自然と他の仕事にも手をつけられるくらいにやる気が回復してくるでしょう。

小さな成功体験を積むべき

成功した子供

小さな成功体験を積むことで、行動する意欲が高まります。

過去の成功体験は、再び同じような行動を起こす原動力となります。

やるべきことがある場合は、小さな目標を設定し、その達成を目指しましょう。

成功は目標達成だけでなく、行動そのものでもあります。

例えば、1日に読むべきページ数を少なく設定することで、読書習慣を身につけることができます。

これにより、小さな達成感を感じることができ、次第により大きな目標に挑戦する勇気が湧いてきます。

脳をフロー状態にする

フロー状態の脳

行動できない原因は脳にあります。

脳の抑制を解放することで、自然に行動する習慣を身につけることができます。

余計なプライドや不安などの感情を取り除き、目の前の課題に集中することで、フロー状態に入ることができます。

フロー状態に入れば、無駄なことを考えずに集中し、自然な流れで行動することができます。

フロー状態を促進するためには、自分に適度な挑戦を与え、集中力を高める環境を整えることが重要です。

音楽を聴く、環境を整える、瞑想を行うなど、自分に合った方法を見つけましょう。

【まとめ】すぐに行動しよう!

行動できない悩みを解消し、すぐに行動する習慣を身につけるためには、深く考えすぎず、小さな成功体験を積み重ね、脳をフロー状態に導くことが重要です。

これらの方法を実践することで、より効果的に行動できるようになります。

日々の生活の中でこれらのアクションを取り入れ、自分自身の『すぐやる脳』を育てていきましょう。


本記事の内容は、茂木健一郎さんの著書『すぐやる脳』のつくり方を参考にしています。

もっと詳しく知りたい人は、読んでみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

KATUのアバター KATU ブロガー

外資系企業で法人営業職として働きながら、ブロガー・WEBライターとしても活動しています。当サイトでは、自分が良いと思ったサービスや商品の紹介をしていきます。ビジネス書・映画・ガジェット・仕事道具などを紹介し、「仕事とライフスタイルをちょっとだけアップデート」できる情報をお届けします。

目次