書評

【書評】医者が教えるサウナの教科書の要約|ビジネスマンこそ整うべき理由とは?

悩む人

医者が教えるサウナの教科書」って本は自分にとって本当に読むべき本なのか…


この記事では、こういった悩みを解決します!


本を読み進める前に要約記事を読んでおきたい…

サウナの効果について今すぐ知りたい…

そもそも整うってなに…


少しでも上記に共感したら読み進めてください。

本記事では「医者が教えるサウナの教科書」について私が「ここは重要だ!
」と思った要点をまとめて解説します。

本記事で要約する内容
  • ビジネスマンこそサウナで整うべき理由
  • 「整い」タイムは2分
  • 目的別サウナの入り方

本書を1冊読めば、ビジネスマンにとってなぜサウナが重要なのか知ることができます。


また、サウナで整う方法を正しく学ぶこともできるでしょう。

この記事を書いている人
  • WEBライター歴3年以上
  • ブログ歴5年以上
  • 年間100冊以上の本を読んでいる

本書を読み、サウナで整うことで明日から仕事のパフォーマンスを高めることができます!

KATU

サウナの効果はすぐに実感できます!即効性が高い健康法とも言えますね。

ビジネスマンこそサウナで整うべき理由


ビジネスマンはサウナで整って、脳をリフレッシュする必要があります。


現代のビジネスマンは多忙でデジタル危機に囲まれ、脳を休める時間が少ないです。


脳を休める時間が少ないと仕事のパフォーマンスも下がってしまいます。


実際に手を動かしていない状態であっても脳は、「A社にメールを送らないと…」などと考えてしまいます。


多忙なビジネスマンこそ、サウナで脳を”オフる”ことが重要なのです。


その他にもサウナで整うメリットが本書の中では、8つ紹介されていました。

  • 疲労回復
  • 決断力、集中力UP
  • アイディアが浮かびやすくなる
  • 感情的にならなくなる
  • 睡眠をコントロールできるようになる
  • 感覚が敏感になる
  • 肩こり、腰痛などに効く
  • 見た目が良くなる


サウナで整うだけで、こんなにもメリットがあります。

サウナはビジネスマンにこそピッタリということですね。

「整い」タイムは2分


サウナでの”整いタイム“は2分です。


サウナに関連した用語で、「整う」という言葉があります。


整うとは、サウナ、水風呂、休憩を繰り返して心身がリフレッシュされ整うことを言います。


サウナトランス、サウナハイと呼ばれることもある現象です。


一般的にこの現象を体験できるのは、1セット中に2分程度だと言われています。

サウナで整う手順
  1. サウナ
  2. 水風呂
  3. 休憩(外気浴)


上記の手順の休憩(外気浴)の時に整いタイムに入るので、水風呂から出たらすぐに休憩する体勢をとることが重要です。


水風呂から出て、2分以上が過ぎてしまうと整う感覚は味わえなくなるでしょう。

KATU

サウナで整う方法を詳しく知りたい人は下記の記事も合わせて読んでね!

サウナで整う方法を解説!ビジネスマンにおすすめできる理由はこれだ!サウナで整う方法を知りたいですか?この記事を読むことでサウナの効果を得る正しい方法が学べます。ビジネスマンにも人気なサウナの本当の魅力を初心者向けに解説します。...

目的別サウナの入り方


本書の中では目的別のサウナの入り方が書かれています。

  • 眠気を飛ばしたい朝
  • 徹夜明けで深い睡眠に入りたい時
  • デスクワーク疲れの時

本の中では合計7つの目的別サウナの入り方が書かれていますが、本記事では現代人にとって重要だと思った、上記3つを取り上げたいと思います。

眠気を飛ばしたい朝


眠気を飛ばしたい朝は下記の手順でサウナに入りましょう。

朝ウナ
  1. お風呂で全身浴(1分)
  2. サウナ(5分)
  3. 水風呂(10秒)
  4. ぬるめのシャワーを浴びる


上記を1セットこなした後に、美味しいコーヒーを飲めば朝からスッキリした状態で仕事に集中できるでしょう。

徹夜明けで深い睡眠に入りたい時


徹夜明けで深い睡眠に入りたい人は以下の手順でサウナに入りましょう。

徹夜明け
  1. サウナ
  2. 水風呂
  3. 外気浴


上記のようにオーソドックスなサウナの入り方を3~5セット繰り返しましょう。


寝不足状態であれば、身体も整いやすくなっています。


サウナで整って熟睡しましょう。

デスクワークに疲れた時


デスクワークに疲れているときは、サウナに入りながらマッサージをしましょう。


本書のなかでは、これをサウナにちなんで”マッサウジ“と呼んでいます。


サウナの中でマッサージをすることは単純に体をほぐすことで痛みが取れると思いがちですが、本書では脳に働きかけると書かれています。


マッサウジは、痛みの調節領域に働きかけ身体の痛みを軽減させてくれるのです。


具体的には、肩凝り、首凝り、眼精疲労、腰痛に効果的であると言われています。


デスクワークで疲れが溜まっている人は、サウナ内でそれぞれの部位に近い筋肉部分をマッサージしましょう。

【まとめ】医者が教えるサウナの教科書


最後に記事の内容をまとめます。


ビジネスマンにこそサウナはおすすめできます。


なぜなら下記の8つのメリットがあるからです。

  • 疲労回復
  • 決断力、集中力UP
  • アイディアが浮かびやすくなる
  • 感情的にならなくなる
  • 睡眠をコントロールできるようになる
  • 感覚が敏感になる
  • 肩こり、腰痛などに効く
  • 見た目が良くなる


また多忙な毎日を過ごしているビジネスマンは、脳を”オフる”たいみんぐがありません。


なので、脳を休める意味でもサウナが必要です。


サウナでの”整いタイム”は2分ほどしかないので、サウナ後水風呂に入ったらすぐに休憩(外気浴)してリラックスしましょう。


この2分間で整う感覚を体験することができます。


サウナは、目的別で入り方が違います。


朝に目を覚ましてスッキリしたい人と徹夜明けなどで熟睡したい人の違いは下記の通りです。

朝ウナ
  1. お風呂で全身浴(1分)
  2. サウナ(5分)
  3. 水風呂(10秒)
  4. ぬるめのシャワーを浴びる
徹夜明け
  1. サウナ
  2. 水風呂
  3. 外気浴

上記の3ステップを3~5セット


また、毎日のデスクワークに疲れている人はサウナに入りながら身体を自分でマッサージすることで疲れが取れます。


サウナについて興味があり、しっかり学んだ状態でサウナに入りたい人はぜひ読んでみてください。

関連記事